すみと屋 一覧 > 素材 > カブ

現在登録されている商品はありません

業務用かぶのお漬物

@漬物の原料として使用するかぶについて
かぶの漬物を加工する際に一番気をつけなければならないのが鮮度です。
かぶは大根などと同じで多く水分を含む野菜の一つです。
水分が多いのは旨みが多い事ですが、同時に管理が悪ければ鮮度はすぐに落ちてしまいます。
原料の鮮度管理は産地から輸送する際も保管時も低温の18度で常時管理する様に徹底しています。
加工する際に使用する調味料等も同じく低温で管理し使用するようにしています。
また実際に加工する作業現場も常に低温管理する事で、鮮度を保つように温度管理を徹底して行っています。
かぶの仕入れは夏は東北産、その他の季節は関東産のものと、その時期に一番良い状態のものを直送するようにしています。
産地から作業現場に直送する事で無駄な輸送時間を減らししっかりとした品質管理がおこなえるようになります。
また直送は鮮度を保つためにも大切な事で少しでも短い時間で輸送する事を心がけています。

Aかぶの漬物について
かぶの漬物といえば千枚漬けなどの原料をスライスしたものが多いと思います。
これはかぶが独自の甘さや食感をもっているため、スライスした状態で漬け込むのが一番素材が生きる方法だからです。
定番であるスライスかぶ漬はご飯のお友として非常に合うので、弁当の付け合せやお通しとして喜ばれる一品です。

お漬物にまつわることならお気軽にご相談ください